楽譜を打ち込みして再生してみよう

オリジナル見出し01

音楽を作るというとすごく敷居が高いような感じがしますが、パソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末があれば意外と簡単に作ることができます。この分野はデスクトップ・ミュージックということからDTMなどと呼ばれています。パソコン上で専門のソフトを使用して作曲をしたりして楽しむことができます。

最近ではプロのミュージシャンでもパソコンに専門のソフトや機材を追加して、販売されているCDの音源を作ってしまうという方もかなり増えています。

それだけパソコンで楽しめるようになってきました。

初心者の方がパソコンで音楽を楽しみたいという場合は、市販のピアノ譜や、ギター弾き語り譜、バンドスコアを購入して打ち込みしてみるのをおすすめします。
最低限必要なソフトは、MIDI打ち込みができるソフトということになります。


有料のソフトであっても、フリー版というのがありますし、また、フリーソフトもいろいろとありますので、そういったソフトを使用することになります。
まずは、楽譜に書いてあるとおり音符を入力してみましょう。
音色はソフトに付属している簡単なものを選んでみるとよいでしょう。

楽譜を打ち込みして再生すれば、その曲がパソコン上で鳴り出します。
これは非常に感動するのではないでしょうか。


いろいろな楽譜を購入して打ち込みをしていくことで音楽の知識が増えていきます。また、様々な機材も必要になればその都度購入していけば、クオリティーが高くなります。
ピアノの楽譜は1冊で購入すると高い為、弾きたい曲だけが欲しいという人も多いでしょう。
近年はインターネットの普及により、様々なジャンルのピアノの曲を簡単に購入することができ、自宅ですぐにプリントできてしまう便利な環境となっています。
どうせ購入するならより安く、無料なら尚更良いと考えることでしょう。
ただし、安易に無料の楽譜をダウンロードしてしまうと、著作権法に触れ、罰則を受けることもある為、注意が必要です。
例えば、ベートーベンやショパンなどといったクラシック作家は、亡くなってから50年以上経っている為、著作権は消滅しているので、その名曲は人類共通の財産と考えられ、その楽譜を無料でダウンロードすることは可能です。しかし、作曲者が存命、または死後50年に満たない曲は、著作権を侵害する無料サイトからのダウンロードは違法であり、禁止となっています。
ネット上には日本のサイトだけではなく、海外のサイトも氾濫している為、その国の言葉で何が書かれているか、理解ができない時などは、安易なアクセスはやめた方が無難です。


現在は耳で聞いて楽譜に起こしたものを、著作権を取って販売してくれる、比較的安いサイトもありますので、数百円の出費は作曲者への敬意と思い、正規のサイトから購入することが望ましいでしょう。また、一昔前のように、楽器店の楽譜売り場に足を運び、あれでもない、これでもないと曲を探すのも楽しいかもしれません。

オリジナリティに富む船舶解体のお役立ち情報を公開しています。

廃船処理情報サイトについて考えます。

厨房排気の専門サイトのこちらです。

ビジネス視点で京都のゴミ屋敷情報を多数ご用意したサイトです。

横浜の便利屋の特別な情報を載せています。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160305-00825209-number-socc&pos=1

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/list.cgi?listcd=H&allitems=1935&items=39&index=31

http://girlschannel.net/topics/569152/

関連リンク

  • タイトル21

    教育と言うと、社会に出るまでのものと思いがちですが、実際にはそうではありません。これまでずっと受けてきた教育を基礎に、私たちは社会に出ていきます。...

  • タイトル22

    私たちの国は他の国々から治安のいい国と言われ続けてきています。現に他の国の治安と比べたら私たちの国は安心して生活ができる国です。...